認定看護師の基本的な仕事内容 | 後悔しない看護師転職サイトの選び方♪

認定看護師の基本的な仕事内容

看護師には、特に専門分野で優れた技術と知識を持っている認定看護師という、スペシャリストの制度があります。


看護師でも特定の看護分野において熟練した技術を知識を持っていて、高い水準の看護を行う事の出来る人に認められている資格が、認定看護師です。
1996年に高度化、専門化していく医療の分野でより専門的な技術や知識を持つ人材が求められるようになった事から、新たに設けられた資格です。

認定看護師に求められる役割はまず患者や家族、集団に対しても熟練した技術によって高い水準の看護を実践する事です。
また、特定の看護分野における実践を通して、他の看護職者に対する指導もします。

そして、特定の看護分野における看護職者の相談にも乗ります。
特定の分野は、21に及んでいます。

最初に1995年に特定されたものが救急看護と皮膚・排泄ケアであり、1997年から認定が開始されました。
1997年に特定された集中ケア、1998年に特定された緩和ケアとがん性疼痛看護も、1999年に認定が開始されています。

1998年に特定されたがん化学療法看護と感染管理は2001年から認定され、訪問看護については1998年に特定されましたが認定の開始は2006年となりました。
その後は糖尿病看護と不妊症看護が2000年の特定でそれぞれ2002年と2003年からの認定、2001年に特定された新生児集中ケアと2003年に特定された透析看護、手術看護が2005年からの認定となっています。

2003年に特定された乳がん看護、2004年に特定された摂食・嚥下障害看護、小児救急看護、認知症看護は2006年から認定され、2008年に特定された脳卒中リハビリテーション看護とがん放射線療法看護は2010年から、2010年に特定された慢性呼吸器疾患看護と慢性心不全看護は2012年から認定されています。
認定看護師となるには保健師、助産師、看護師といういずれかの免許を持っていて5年以上の実務経験があり、特定分野での実務経験も3年以上が必要です。

日本看護教会が認定している認定看護師教育課程を修了し、認定審査に合格しなければなりません。
常に高い水準を保つ事が求められる為、認定後も5年毎に更新審査を受けなければなりません。

看護師求人情報
線
看護師の仕事について
線
看護師求人サイトについて