看護師の種類について | 後悔しない看護師転職サイトの選び方♪

看護師の種類について

看護師には看護師、准看護師、認定看護師、専門看護師という種類があり、資格の取得について定められています。


看護師は国家資格であり、国家試験に合格して厚生労働大臣による免許を受ける事で、資格を得る事が出来ます。
その為にはまず高校を卒業した後に看護専門学校や短期大学の看護課程で3年間学ぶか、四年制大学の看護課程を履修して国家試験を受験する資格を得なければなりません。

准看護師は、各都道府県が認定している資格であり、免許は都道府県知事が交付しています。
中学校を卒業した後に准看護学校か高校の衛生看護科で学び、各都道府県において実施されている試験に合格すると、免許を受ける事が出来ます。

人数も求人も多いのですが、より上の役職を目指す為には准看護師では資格として不足があります。
患者の処置をするにしても看護師による指示を受けなければならず、自己判断をする事は認められていません。

認定看護師は、特定の看護分野について高い水準の看護知識を持っていて、また技術を使用する事が出来るとして、日本看護教会から認定されている資格です。
資格を得る為には、必要な教育課程を学ばなければなりません。

様々な医療分野で活躍の場があり、外面的なケアだけでなく内面的なケア、家族を含めたケアをする他、医療関係者への指導者としての役割も担っています。
専門看護師は、特定の看護分野について特に優れた能力を持っていると認められる資格であり、日本看護教会専門看護師認定試験に合格する事で認定されます。

非常に高い看護実践能力が求められる為、資格を取得する事は非常に難しく、まだ認定者は少ない状況です。
なおかつ、5年毎に更新審査を受けなければ、継続する事も出来ません。

看護師求人情報
線
看護師の仕事について
線
看護師求人サイトについて