看護師の夜勤について | 後悔しない看護師転職サイトの選び方♪

看護師の夜勤について

看護師の仕事では職場によって夜勤もありますが、どのような勤務形態になっているのでしょうか。


看護師の仕事と言うと、夜勤がつきものです。
特に24時間体制になっている病棟や高齢者施設、福祉施設等の勤務先では、必ず夜勤があります。

夜勤がある職場では2交替制になっている場合、3交替制になっている場合があります。
2交替制であれば日勤と夜勤、3交替制であれば日勤、準夜勤、夜勤と言う交替勤務体制になっています。

細かなスケジュールはそれぞれの職場によって異なっていますが、2交替制ですと日勤で午前8時30分頃から午後5時頃まで、
夜勤は午後4時30分頃から次の日の午前9時頃までになっている場合が多く、それぞれの間には15分から45分程度、申し送りの時間があります。
3交替制ですと日勤が午前8時頃から午後4時45分頃まで、準夜勤が午後4時頃から午前0時45分頃まで、夜勤は午前0時頃から午前8時45分頃までが標準的です。

3交替制でもそれぞれの勤務間には、申し送りの時間が設けられています。
厚生労働省による勧告では3交替制の夜勤が月に8回まで、2交替制の夜勤が月に4回までとされています。

夜勤については、通常であれば休んでいる時間帯に働かなければならないため、体力も必要とされます。
2交替制ですと勤務時間も長い為、更に過酷です。

日勤の日に深夜勤務をしなければならない事もあり、看護師は自分自身の健康管理にも気を付けなければなりません。
それでも準夜勤で1回につき3,500円から4,000円程度、深夜勤では4,500円から6,000円程度の手当が付き、厳しい労働をしただけ収入は多くなります。

看護師求人情報
線
看護師の仕事について
線
看護師求人サイトについて