看護師の仕事の1日基本的な流れ | 後悔しない看護師転職サイトの選び方♪

看護師の仕事の1日基本的な流れ

看護師が1日にする仕事は職場によって異なりますが、代表的な職場である病棟での1日について紹介します。


看護師が1日に行う仕事の流れは職場によって、あるいはその時々によって異なりますが、基本的な事についてはほぼ決まっています。
病棟勤務ですと24時間体制で看護をしていますから、看護師の勤務時間は昼も夜も交替制となっています。

朝に出勤してきた看護師はまず、担当する患者のカルテを確認します。
次に、夜勤の担当者からの申し送りが行われます。

申し送りの内容は患者の状態や変化などに関する事であり、メモ等の記録を参照しながら口頭によって行われます。
午前中には患者の検温や血圧測定、点滴、各種の処置や検査等を行い、手術をする患者がいれば送り出します。

その間にナースコールがあれば、すぐに対応します。
患者の昼食時間には、必要がある人には食事や服薬の介助をします。

点滴などの作業も並行して行う為、過密なスケジュールが続きます。
その間に小会議も行われる等して、医師からの指示を受けます。

その日の看護記録を一つ一つ付ける事も、大切な仕事です。
退院する患者がいる場合には薬や日常生活に関する説明をして送り出し、入院してくる患者がいれば迎え入れて注意事項などを説明します。

入院患者は予定されている場合もありますが、急患である場合も珍しくありません。
手術に立ち会うという場合には、準備からを行います。

日勤であれば担当する患者の状態について確認して記録を付け、夜勤の看護師へ引き継ぎが済めば、1日の業務が終わります。
通常でも仕事が多い上に、突発的に発生する事態にもしっかり対応しなければなりません。

計画通りに進むという事は少ない為、都度計画を立て直す臨機応変さも必要です。

看護師求人情報
線
看護師の仕事について
線
看護師求人サイトについて