専門看護師の基本的な仕事内容 | 後悔しない看護師転職サイトの選び方♪

専門看護師の基本的な仕事内容

看護師として最も卓越した能力を持っている事で認定されるものが、専門看護師です。全国でわずか数百人です。


専門看護師は看護師としての資格を持っていて、更に特定の看護専門分野で卓越した看護実践能力を持っている事で認定されるものです。
一般の看護師では対応する事の出来ない困難、複雑な健康問題に対処する事が出来る能力を持っています。

専門看護師の仕事としてはまず、医療の現場で患者や家族、集団に対して高い技術と知識が必要とされる看護を実践します。
また看護師や保健師、助産師等と言った看護の現場で働くスタッフの相談を受けます。

そして保健医療福祉にかかわっている様々な職種の人々の間で、業務が円滑になる為の調整役にもなります。
医療現場で発生している色々な倫理面の問題や葛藤について解決し、患者や家族の権利を守ります。

教育については看護職にかかわっている人だけでなく、その教育をしている人に対しても技術や知識の向上を図ります。
当然、自分自身の専門知識や技術を向上させる為に、研究活動も仕事としてしなければなりません。

専門看護師の分野として特定されているものとしては精神看護、がん看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、急性・重症患者看護、感染症看護、家族支援が挙げられます。
認定看護師になる為には看護師、保健師、助産師の資格を持っていて一定の実務経験があり、看護系大学の大学院修士課程を修了している必要があります。

その上で、認定審査に合格しなければなりません。
認定後も、5年毎の更新審査が義務づけられています。

その水準の高さから、全国でも数百人しか認定されていません。

看護師求人情報
線
看護師の仕事について
線
看護師求人サイトについて